アメリカへ! 海外派遣プログラム報告1(現地23日まで)

3月20日(火)から4月3日(火)までの日程で、
平成30年度 アメリカ・サウスバーリントン高校への本校生派遣プログラムが実施されています。
本校の中高生あわせて15名、引率2名が本校の姉妹校であるサウスバーリントン高校を訪れ研修・交流を行っています。
ここでは、その様子をお伝えしていきます。


<3月23日(現地時間)>
ホストスチューデントと仲良くなることを目的に、一緒に絵を描いたり、
トランポリンができるGet Air というアミューズメントパークに行きました。
積極的にコミュニケーションをとっている生徒とまだこれからという生徒がいますが、
少しずつお互いのことをわかってきているようです。

週末は家族で過ごし、来週月曜日、26日はプレゼンテーションを行う予定です。


<3月22日(現地時間)>
無事にサウスバーリントンに着きました。
ニューヨークの大雪のせいで、最後まで飛ぶかどうか心配でしたが、
15分程度の遅れで済みました。
バーリントン空港到着後にスクールバスでサウスバーリントン高校へ。
たくさんのホストスチューデントがウエルカムボードを持って出迎えてくれました。
その後、前回双葉に来た日本語クラスの生徒たちが学校のツアーに連れて行ってくれました。

いったんステイ先に帰り、18時に学校に再集合し、歓迎会が行われました。
歓迎会にはホームステイ先の家族も来て、紹介などが行われました。
まだまだぎこちない感じですが、これから仲良くなってくれることを期待しています。


<3月21日(現地時間)>
アメリカ2日目は、暴風雪で自由の女神へ行くフェリーが欠航になり、楽しみにしていた自由の女神が見られないという残念なニュースから始まりました。
さらに貸切バスが利用できず、急遽バスツアーからウォーキングツアーになってしまいました。

まずは地下鉄で移動し、エンパイアーステイトビルに登りました。
学校が休校になるくらいの暴風雪だったため、お客さんはほぼ私たちだけ、地上86階は外に出ても、真っ白な世界でものすごい風でした。


その後は当初のプランになかった自然史博物館に地下鉄で行きました。
短い時間でしたが、恐竜の化石など日本ではなかなか見られないものを見ることができました。


お昼は地下鉄でグランドセントラル駅へ行き、そこの地下街で昼食をとり、歩いて国連へ移動しました。

国連では日本人職員によるツアーに参加し、国連の仕事や役割を教えてもらったり安保理会議場など教科書やテレビでしか見られない物を実際に見学しました。生徒たちは熱心に聞いていました。


雪は湿気を含んだベチャベチャな雪だったので、みんな外を少しでも歩いただけで濡れてしまったので、早めにホテルに帰り一旦休憩。
その後、夕食を食べに出かけました。ニューヨーク最後のディナーということで、少し贅沢をし、アメリカサイズのハンバーガーやパスタ、チキンを楽しみました。


夕食後は歩いてタイムズスクエアに行き、感動。帰り道でお土産ショップに寄り、ホテルへ。
長い1日が終わりました。

いよいよ明日はサウスバーリントン高校です!


<3月20日(現地時間)>
日本時間20日17:55に飛び立った飛行機は、
現地時間の20日17:45にアメリカ、ニューアーク空港に無事到着しました。
実際のフライトは12時間50分ですが、時差の関係で、出発時刻の10分前に到着したことになります。

ニューヨークでホテルにチェックイン後に夕食を食べ、各自部屋に入りました。

生徒たちは初めてのニューヨークに興奮しています。みんな元気です。

明日はニューヨーク都市研修ですが、大雪の予報なので、予定している場所を巡ることができるか心配されます。


<3月20日(日本時間)>
参加者が新千歳空港に集合し、成田経由でアメリカに飛び立ちました。
皆、元気に出発です。

~新千歳空港にて~

~成田空港にて~