1年宿泊研修1日目

4月23日から25日まで、1年生は、宿泊研修を行っています。
2泊3日で、札幌に宿泊しながらさまざまな研修を行います。

ここでは、広報委員に言葉とともに入学してから2週間の1年生の様子を伝えていきます。

4月23日(月)
●宿泊研修一日目。
午前中は学校の体育館でアイスブレイク(今回はバースデイラインというゲーム)を行いました。
まず、総勢119人が誕生日別に並び、20組のグループを作るところから始まりました。
ほぼ初対面の仲間たちと、学年目標の原案作りに真剣に取り組みました。

次に、札幌にある北星大学に行き、模擬講義を受講しました。
高校生にもわかりやすい内容を…と、大学の先生方が色々と考えてくださったお陰で、
興味深いお話を聞くことができました。

長い列に並んで食券を買って学食を食べたり、大学の職員の方々に構内を案内していただいたりして、
大学の空気をからだ中で味わうことができました。

N T Tの研修センターに着いてからは、あちらからもこちらから笑い声の絶えない一日を過ごしました。
(1組 男子)

北星学園大学の模擬講義です。

 

研修所の入館式です。

 

学年目標づくりを行っています。

 

●一日を振り、僕にとってこの一日は、
「人とのつながりの大切さ」や、「有意義な勉強時間の使い方とは何か」について学ぶことができた貴重な一日になりました。
明日は、スポーツ大会や、生まれて初めての札幌ドームでの野球観戦などがあるので、楽しみでたまりません。
(1組 男子)