カタリ場が行われました

25日、高校2年生を対象に「カタリ場」が行われました。

「カタリ場」とは、
高校生の進路意欲を高めるために行われるキャリア学習プログラムで、
NPO法人カタリバが主催しています。

大学生などのボランティア・スタッフが主体となって、
高校生一人ひとりと対話しながら、将来を考えるきっかけをつくるというものです。

NPO法人カタリバの「カタリ場」紹介ページへのリンクです
(外部ページにつながります)

今回は北大生など、40名ほどの大学生が来校しました。
最初に本校2年生が5名ほどのグループになり、グループに1人ずつ大学生がつきました。
自己紹介からスタートし、進路などについて具体的な話をしていきました。

その後、自分の興味がある大学生の経験談を聞き、
ワークシートを使いながら大学生のアドバイスを受けつつこれからのことを考えて行くというプログラムでした。

年齢の近い大学生の経験談も聞きながら、
自分の将来を考えるという体験は貴重で、
年齢が近いからこそ聞けることも数多くあります。
大きな刺激を受けた1日となりました。