灌仏会(花まつり)がおこなわれました

8日の1時間目、
体育館にて灌仏会(花まつり)が行われました。

灌仏会(花まつり)はお釈迦様がインドのヒマラヤの麓ルンビニーの花園で誕生されたことを祝う行事で、
一般的には4月8日に行われますが、北海道ではお花の時期を考え1か月後の5月8日に行うところも多く、
本校でも5月の実施となっています。

会は生徒会が進行し、灌仏会についてのナレーションがあったあと、
スクリーンを使って、お釈迦様誕生のエピソードを物語風に紹介しました。
その後各クラスの代表が、献花灌仏を行いました。

この行事を通して、いのちの尊さ、生きることについて考えるよい機会となりました。