サウスバーリントンの生徒が滞在しています!

6月23日から7月3日までの日程で、
本校の姉妹校、アメリカのバーモント州にあるサウスバーリントン高校から
8人が来ています。

その状況をお知らせします。

●6月30日(土)
今日は、中学生との交流会を行いました。 体育館とグラウンドを会場に一緒に汗を流したり、
バーベキューをしました。
いよいよ最後の週末をホストファミリーと過ごすことになります。

●6月26日(火)~29日(金)
サウスバーリントン生は様々な体験をしています。
授業への参加、プレゼンテーション、茶道体験、オルゴール作り、
調理実習、乗馬体験、余市での果物狩りなど、
27日の放課後には、ホストスチューデントとともにボウリングもしました。

●6月25日(月)
1時間目に体育館に全校生徒が集まり、歓迎式が行われました。
ステージ上で、ホストスチューデントがサウスバーリントン生を紹介しました。
その後生徒会長が英語で歓迎の言葉を述べました。

今日から、サウスバーリントン生は授業に参加したり、プレゼンテーションをしたり
小樽市内を中心に様々なところを訪れたり、体験をする予定です。
午後からは小樽市内の散策です。

●6月23日(土)
サウスバーリントン高校の生徒6名と引率教員2名が来校しました。
京都と広島に3日間ほど滞在した後の小樽入りです。
午後、本校カフェテリアで、歓迎パーティーが行われました。
パーティーには、ホストファミリーに加え、
今年3月から4月にかけてサウスバーリントン高校にステイした生徒も同席しました。
再開を喜んだあと、和やかにパーティーは進行、
ホストスチューデントが日本語と英語でサウスバーリントン生を紹介しました。
サウスバーリントン生も日本語を交え自己紹介しました。
そのあと記念写真を撮り、それぞれのステイ先へ。
最初の週末を過ごすことになります。