卒業生からメッセージが届いています。

先日、卒業生からメッセージが届きました。2代前の生徒会長、本間くんからです。皆さんに紹介します。

「卒業生の本間です。今は北海道科学大学で、ボランティアサークルに入り献血推進運動をする団体の代表を務めています。

 このような役職で活動させていただいているのも、双葉での生活で「人間力」を培ったからです。私はそのために、楽しいことも辛いことも全力で取り組みました。高校生活は人生の中でも今しか経験できない貴重な時間です。

 どんなことからも目をそらさず全力を尽くせば、必ず自分を成長させ、充実した楽しい生活が送れるようになります。

 今は大変な時期だと思いますが、おそらく人生でそう経験できることではないと思います。この事態も全力で、楽しむつもりで乗り切りましょう!」

 本間くんは、現在、北海道学生献血推進協議会の代表として献血を呼びかけています。

6月24日に47年ぶりに北海道で行われる予定の「第56回献血運動推進全国大会」では、全国の学生の代表として誓いの言葉を述べる予定です。