双葉の教育

双葉プロフェッショナル教育(FPE)
どんなときも自分らしく輝けるように。

急激にグローバル化が進み、多種多様な価値観、考え方が共存している現代社会において、
「人のために、他者を思いやって生きていく」には、他者の輝きに依存するのではなく、自ら輝くことが大切です。
双葉では「自分が輝くために必要な力」を大きく「自分力」「考創力」「共感力」という3つの力に分類して教育に取り入れています。
「双葉プロフェッショナル教育」というのは、双葉での生活を通じて「人としての生き方」、「人生の役割・目的」、「本当の幸せとは」などを考えることにより、
「輝きながら人生を送る=人生のプロフェッショナル」になることを念じた名称なのです。

FPE3つの力

自分力


自分の足で、人生を歩いていくために。自分を知ること。
自分の可能性を信じること。
使命を見つけ、それに向かって自分を高めていくこと。

高校の3年間は、「自分って何だろう?」「自分にとって何が幸せなんだ
ろう?」
ということを、しっかり考えていくべきときです。
何のために進学するのか、何のために就職するのか。
充実した人生を生きるという目標を考えたとき、
自分の人生の役割を知り、人や社会に対してどういう貢献ができるのか、
ということに大きな意味が出てきます。
この自分の役割や使命に気づき、行動していくことこそが「自分力」です。

●自分力を構成する3つの力
自分発見力 自分の可能性を探し、出会い、自分の役割に気づく力
自分挑戦力 現在の自分と向き合い、未来の自分に向かって挑戦する力
自分実現力 気づき高めた自分の力を最大限に発揮させる力

考創力


興味を持ち、情報を集め、自分で考える。
物事の本質を正しく理解し、
自ら未来を切り拓ける人になるために。

多種多様な価値観、考え方が共存している現代社会では、
状況を的確に捉え、柔軟に答えを導き出していかなければなりません。
そのためには、さまざまなことに興味を持ち、
自分なりの解決方法を見出し、
自ら検証していくという習慣を身につけ、
どのような状況でも自分の判断基準をしっかりと持てる力が必要になります。
物事の本質を正しく理解し、豊かな未来を切り拓いていく力。
それを私たちは「考創力」と呼んでいます。

●考創力を構成する3つの力
知的関心力 さまざまなことに興味を持ち、知を求める力
基礎鍛錬力 知の本質・真偽を見極める力
創意工夫力 学んだ知により、新たな可能性を見出す力

共感力


心を開いて、他者を、未知を受け入れる。
手をとりあうことで踏み出せるのは、
一人ではたどり着けなかった「新しい世界」。

社会で生きていくためには、他者と関わることが必要になります。
あなたが異なる価値観に出会ったとき、
それを受け入れた上でお互いに理解しあい、
一つ上の新しい価値を生み出すことができるとしたなら。
一人では生きていけないこの世界で、それはとても大きな力となります。
「共感力」とは、自分の心を開いていく力のことです。
双葉では、教えあい、励ましあう光景が見られます。
人と人とのつながりから生まれる力を知ることで、社会へ出てからも、
誰かと協力しあって大きなことを成し遂げられる人へと成長するのです。

●共感力を構成する3つの力
適応力 道義や規範と出会い、共生の下地をつくる力
受容力 多様な文化や価値観に触れ、認めあい相互理解を深める力
共生力 自分の意思を伝え協力し、他者のために活かす力