2年修学旅行オーストラリアコース報告

双葉高校2年生の修学旅行は、国内コースと海外コースに分かれて行われます。
ここでは、海外(オーストラリア)コースの様子を紹介していきます。
オーストラリアコースは10月16日から10月24日まで行われ、
生徒はブリスベンでホームステイをしながら現地のセントポールズスクールで授業参加を行うほか、
ブリスベンやシドニーを観光します。

<9日目 10月24日(水)>
シドニー空港を飛び立った飛行機は、予定通り羽田に到着し、新千歳空港へ。
9日間の修学旅行、大きな事故もなく終えることができました。
海外への修学旅行、ホームステイ体験等々、
生徒は多くのことを学んだことと思います。
また、関係の方には大変お世話になりました。ありがとうございました。

<8日目 10月23日(火)>
今日はみんな朝早く起き、6:15に学校に集合、ホストファミリーとはここでお別れし、ブリスベンを旅立ちました。
昼頃にシドニーに到着し、貸切バスでシドニー観光をしました。
はじめに、ミセス・マッコーリーズ・チェアというところへ行き、
シドニーのランドマークであるオペラハウスとハーバーブリッジを見ました。
教科書やテレビでしか見たことがない景色を実際に見て、みんな大興奮でした。そ
の後、シドニー中心部へ行き、お昼とお土産を購入。
夕方からはオペラハウスの館内ツアーに参加しました。
日本人ガイドの方にオペラハウスの歴史やいかに工夫して作られているかを教えていただき、みんな感心していました。
シドニー観光の最後はボンダイ・ビーチというサーフィンで有名なビーチに行き、珊瑚の砂や海に大はしゃぎでした。
これから日本へと旅立ちます。

<7日目 10月22日(月)>
今日が学校に通う最終日でした。
土曜日に動物園で見てきたオーストラリアの動物の特徴を英語で深く学び、
好きな動物のレポートも作成しました。
また、ズンバというエクササイズも行い、良い汗をかきました。
午後はホストファミリーへの感謝の手紙を書き、
その後一人一人に修了証が授与されました。
短い期間でしたが、たくさんの英語に触れ、オーストラリア文化を肌で感じることができた日々でした。
明日は帰国の途につきます。

<6日目 10月21日(日)>
今日はそれぞれホストファミリーと過ごす1日でした。
買い物に出かけたり、家族で教会に行ったりして過ごしたようです。
しかし、午後は嵐がやってきて、台風のようでした。雹も降りました。

<5日目 10月20日(土)>
今日はオーストラリア動物園に行ってきました。
広い園内にはオーストラリアに生息している動物はもちろん、さまざまな動物がいました。
動物園に入ってすぐにトカゲやオウム、タカが飼育員さんと一緒におり、
実際に触ったり近くで写真を撮ることができました。
カンガルーやコアラは檻の外で飼育されており、直接エサをあげたり、撫でたり触ったりすることができ、
日本ではできない体験ができました。
ウォンバットは犬のように散歩をしていました。
お昼は鳥やクロコダイルのショーを見ました。
これも日本ではあまり聞かないショーで、とても楽しみました。
明日は各ホストファミリーと過ごす休日です。

<4日目 10月19日(金)>
今日は昨日まで天気が一転し、日差しの強いよく晴れた1日でした。

グループに分かれてホームルームのようなクラスに参加した後、
1・2時間目は日本語クラスに参加しました。
遊園地の地図を見ながら遊園地の乗り物の名前を教え、
英語と日本語でコミュニケーションをとりました。
日本語クラスの生徒の中には来年の1月に修学旅行で北海道を訪れる予定の生徒もいるとのことです。

3・4時間目はアボリジニの方による特別授業で、
ディジュリドゥという伝統楽器やブーメランの体験、リストバンド作りやゲームを行いました。
また、アボリジニの伝統的なペインティングを顔に塗ってもらいました。
最初は顔に塗るということで気がすすまなかった生徒もいましたが、
今しか体験できないことと気付き、結果ほとんどの生徒が顔にペイントを施してもらいました
(塗料は400年前の火山灰からできたもので、肌に良いものです)。
アボリジニの方のユーモア溢れる授業のおかげで、オーストラリアの伝統文化を楽しく学ぶことができました。

お昼はホストファミリーが作ってくれたお弁当に加え、
バーベキューが行われていて、ソーセージやカップケーキをいただき、
みんなお腹がいっぱいになりました。

午後からはアボリジニ文化をさらに学び、英語クイズも行いました。

明日はオーストラリア動物園へ出かけます。

<3日目 10月18日(木)>
今日は登校後まずSt. Paul’s School のシャツと帽子をいただき、
オリエンテーションで校内のルールなどを教えてもらいました。
その後、担当の先生に自己紹介をし、オーストラリアの地理や歴史、日本との違いを学びました。
午後からはアボリジニの文化を学び、
伝統的なアボリジニの模様を参考にしてブーメランを自分でデザインし、色を塗りました。
どの生徒も積極的に授業に参加し、懸命に英語を聞き取り、
オーストラリアやその独特な文化について多くのことを知ることができました。

<1日目 10月16日(火)~2日目 10月17日(水)>
無事にオーストラリアに着きました。
機内泊のため、十分に睡眠がとれず眠そうな生徒もいましたが、みんな元気です。
ブリスベンに着いた後、Mt. Coot-thaという山の頂上からブリスベン市内の景色を見ました。
にわか雨で天気は良くなかったのですが、珍しい鳥がいたりで、生徒は楽しんでいました。
その後、St. Paul’s Schoolに行き、ホストファミリーと対面。
ドキドキしながら、各ステイ先へと向かいました。