1. HOME
  2. 双葉の教育 : 国際理解教育

双葉の教育

国際理解教育

双葉では、英語学習の意欲を高める国際理解教育を大切にしています。英語は学ぶだけでなく、使うことによって価値が生まれます。

生徒たちは国際交流を通して、生きた英語に触れ、視野を広げ、学習したことを世界で試す機会が与えられます。そのことが、英語学習の意欲をますます強くしてきます。

世界を知ることは、すなわち、それを通して日本を知るということ。
世界での日本の役割、知らなかった日本の姿なども学べます。

WORLD LANGUAGE CENTERWLC 語学センター WORLD LANGUAGE CENTER

双葉には、WLC(ワールド・ランゲージ・センター)と呼ばれる、
英語・英会話・留学を扱う特別な教室があり、ネイティブスピーカーの先生を中心に活動しています。

WLCにはパソコンやリスニングブース、会話用ブースなどがあり、また国際交流の写真や留学生の写真などが掲示されています。
放課後にはここで英語の学習をする生徒の姿が多く見られます。
留学に関する資料も豊富で、いつでも気軽に相談することができます。

ワールドランゲージセンター / WORLD LANGUAGE CENTER
学ぶ、調べる、試す、楽しむ、尋ねる

国際交流・短期留学

本校は、姉妹校であるアメリカ・サウスバーリントン高校と深い交流があります。1年おきに2週間の語学研修が行われ、2012年3月~4月にかけて本校生徒がサウスバーリントンを訪れました。また、2012年6月にはサウスバーリントンの生徒が本校にやって来ます。

この相互受入では生徒との交流が数多く行われ、毎回、授業やバーベキューを通して楽しく活動しています。
また、留学生のホームステイを受け入れ、家族ぐるみの国際交流を実現されるご家庭もあります。

オーストラリア・エルサムカレッジへの語学研修も隔年で行われており、これをきっかけに長期留学をする生徒や、海外で活躍する卒業生もいます。

英語に触れるさまざまな取り組み

週6~7時間の英語・英会話の授業以外にも、より英語に触れる機会を増やすために、さまざまな取り組みが行われています。

日々の生活の中で英語に触れるために、教室掲示などを英語表記にする場合もあります。

また、学習発表会では英語スピーチや寸劇なども行い、さらに、小樽市や札幌市で行われるスピーチコンテストにも、積極的に参加しています。

このような数々の取り組みにより「英語が好き」という生徒が増え、英語検定での良い結果にもつながっています。

スピーチコンテスト

出会いを大切にサウスバーリントン高校への本校生派遣プログラム参加

私は、英語が好きなので英語教育に力を入れている双葉中学校へ入学しました。高校へ進学するとアメリカでの語学研修があるので、研修を心待ちにしていました。

私たちは、3月25日千歳を出発し、最初のニューヨークでは、世界でも屈指の自然史博物館を見学しました。また、自由の女神像などをみて、自由で雄大な国、アメリカを感じることができました。

中島 彩花さん

都市研修を終え、いよいよ語学研修のサウスバーリントンへ、ホストファミリーの皆さんはとても優しく、いつも私のことを気遣ってくれて、私の未熟な英語でも理解してくれました。やはり、自信をもって話すことが大切なことだと思いました。

サウスバーリントン高校は校舎が広く、ホストスチューデントと一緒にいろんな授業を受け、たくさんの友達ができました。また、日本語を勉強しているクラスがあり、皆日本語を上手に話すのには驚きでした。アメリカの高校生も世界に広く目を向けていることを感じました。

2週間の研修でしたが、ホストファミリーの家族の皆さんや、高校、小学校訪問で地域の方々と一緒に過ごすなかで、アメリカの生活や文化の一端に触れることが出来たことは、素晴らしい経験となりました。もっと勉強し、英語力をアップさせもう一度、サウスバーリントンへ行きたいです。

ホストファミリー

ページのTOPへ